お墓の四ツ石

四ツ石組みと墓誌台石設置をしました。

こちらは、御骨を収める部屋になります。

ピッタリ水平になっているか注意して、ハンマーやバールで動かし水平器で測りながら慎重に組ん行きます。

石と石のジョイントにはしっかりと免振用ボンドをつけて、ステンレスのアンカーボルト

で、石がずれないように固定します。

仕上にマスキングテープを張り、目地を外側だけでなく見えない内側もきれいに仕上げていきます。

隣は墓誌を設置します。せまく石と石がギリギリなので慎重に据えていきます。

使用してる石は、目が大変細かく均一な目が美しい愛媛県産の大島石です。

国内で加工された大島石製品は、細部までとても丁寧に仕上げられてます。

ですから建墓の時は、綺麗で速く仕上がります。製品制度が高いと作業がは捗ります。

厳選されたこだわりの大島石をお求めの方は、ぜひマルダイ石材に一度ごお越しください。

大島石の見本が幾つか御座いますので、実際に触って見比べて納得していただけると思います。

ご質問はありませんか?

お客様からのお問合せを心よりお待ちしております。24時間お受付していますので、お気軽にお問合せ下さい。お問合せメールを確認致しましたら迅速にお返事させて頂きます。

前の記事

外柵設置工事