お墓の基礎工事

マルダイ石材から一番近い墓地、岐阜市営 上加納山墓地にて基礎工事を行いました。

ここは地山が固く掘るのに苦労しますが、人力でひたすら土を掘ります。基礎の厚みは約200㎜打設予定です。

ある程度掘り、レーザーで高さを見て掘って転圧をして均等にならしていきます。レーザーとても便利です。

次に採石を高さ150㎜入れてもう一度地盤を転圧して均等で丈夫な盤を作ります。

型枠を組んでいきます。

その後、10㎜の鉄筋を組んでいきます。コンクリートかぶり厚に注意して組みます

セメント、砂、砂利をミキサーで混ぜコンクリート打設します。

強度を高めるため、生コン(固まる前のコンクリート)に振動バイブレーターで振動を与えてブクブク空気と余分な水分を抜きます。

ただし、一所に振動のかけ過ぎはよくありませんので均一にかけてゆきます。(作業に夢中で写真忘れてました。また次の機会に載せますね。)

ピーっと音が鳴れば水平です。

打設後、高さを見て均一にササっ!とプラ鏝(こて)で均していきます。

タッピングして、素早く均します。

養生シートで基礎を直射日光に当たらないように養生して今日は終了です。

数日後、型枠を外して外柵に取り掛かります。

工事のため上加納山墓地で通路などご迷惑をおかけしております。お参りの妨げにならない様、常に周りを注意しながら進めて参ります。

もし墓地で弊社を見かけた際、疑問などございましたらご遠慮なく声をおかけください。

ホームページからも、お墓についてお困りごとや疑問など御座いましたら、お電話・お待ちしております。


ご質問はありませんか?

お客様からのお問合せを心よりお待ちしております。24時間お受付していますので、お気軽にお問合せ下さい。お問合せメールを確認致しましたら迅速にお返事させて頂きます。

次の記事

外柵設置工事