アーバングレーの和洋墓

岐阜市市営墓地の加納穴釜霊園にてインド産・アーバングレーの和洋墓のご依頼を頂きました。

鉄筋をしっかり入れ基礎を仕上げていきます。

コンクリートを鏝でしっかりと均します

養生期間が終わり外柵を狂いなく据え付けていきました。

内側にはステンレス製のL金具を上下二段に組みました。

水が浸入しないようお墓専用のコーキングで目地入れをしてます。

その後、砕石基礎工事と進んで墓石の芝台(一番下の組んである石)を組み、後日完成致しました。

和と、洋のテイスト両方があり非常に落ち浮いた雰囲気に仕上がりました。

また、弊社のインド産・アーバングレーは石目が濃く丈夫な石なので自信をもってお届けできる素晴らしい石材です。

実際に見たいと問合せ頂きますが、私どもが実際に建てたお墓を見学案内は随時行っております。経年変化具合や、弊社の彫刻の仕方などもご納得いただけると思います。

もちろんアーバングレーも実物が店舗に展示もして御座います。展示品はぜひ触れていただいて、感じていただければと思います。

インド産の墓石をご求めの方はお気軽にご来店ください。

ご希望の形になるまでご提案いたします。

ご質問はありませんか?

お客様からのお問合せを心よりお待ちしております。24時間お受付していますので、お気軽にお問合せ下さい。お問合せメールを確認致しましたら迅速にお返事させて頂きます。

前の記事

恵那市で墓の撤去工事

次の記事

お墓の引越し